不動産取得税 軽減措置

 2009年12月に土地付き新築に引っ越して以来、2010年3月、初めて固定資産税の納付通知がきました。納付期限は3月31日。

課税標準額(土地の税額)は、2月に実施した自治体からの家屋調査の結果が反映されています。家屋調査は、県の税務署職員が図面を見ながら隅々まで調査していました。

「不動産取得税減免申請」
・住宅についての軽減(平成9年4月1日以降の取得)
不動産取得税の軽減措置は、新築住宅の場合、最大1,200万円の控除。認定長期優良住宅の場合は、最大1,300万円の減額されます。

・土地についての軽減
45,000円か、「土地の1平米あたりの価格※×住宅の床面積の2倍」の3%のどちらか多い方の額が減額されます。

※平成16年4月1日から24年3月31日までに取得した宅地評価については、その1/2に相当する額。

ということで、我が家の場合は、家屋に対して0円、土地に対して14万くらいになりそうです。


参考記事:allAbout不動産売買 
参考記事:Yahoo!知恵袋


JUGEMテーマ:税金と確定申告


楽天ショッピング 書籍

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

はてぶ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

スポンサードリンク

NTTフレッツ光

PR

PR

PR

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM